TOP > SEO > Google ウェブマスターツール 使い方

Google ウェブマスターツール 使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google ウェブマスターツール とは

Google ウェブマスターツールは、ウェブサイトのオーナーがサイト情報を送信、設定したり、統計データなどを確認することができるGoogleのツールです。Yahoo!JAPANも現在はGoogleを採用しているため、同様に反映されます。

検索エンジンで圧倒的なシェアを誇るGoogleのインデックス状況や統計データを確認することができるため、SEOには欠かせないツールとなっています。

サイトを追加する方法

1.Google ウェブマスターツールにアクセスします(Googleのアカウントでログインします)。 2.「サイトを追加」をクリックし、トップページのURLを入力、「続行」をクリックします。 3.サイト所有権の確認を行います。いくつか方法がありますが、HTMLファイルのアップロードが推奨されています。
「HTML 確認ファイル」をクリックし、ファイルをダウンロードします。ファイル名を変更せずに、サーバのルートフォルダにファイルをアップロードします。正常にアップロードが完了したら「確認」をクリックします。
問題がなければサイトが追加され、ホーム画面に表示されます。

サイトマップを追加する方法

検索エンジン用のサイトマップを登録することができます。 サイトマップを登録することで、インデックスされやすくなります。

ダッシュボードから、「サイト設定」、「サイトマップ」画面に移動し、「サイトマップを送信する」をクリックし、サイトマップのURLを入力して「サイトマップを送信」をクリックします。
sitemapsだけでなくAtom、RSSも追加することができます。

しばらくしてから「サイトマップ」画面にアクセスすると、問題がなければステータスにチェックマークがついています。

設定方法

Google ウェブマスターツールでは、検索クエリ、サイトへのリンク、キーワード、クロールエラーなど様々なデータを確認できるだけでなく、サイトの設定を行うこともできます。

パラメータ処理

「サイト設定」、「設定」画面に移動し「パラメータ」タブをクリックすると、URLのパラメータ処理の設定を行うことができます。検索エンジンには不要なパラメータを「無視する」に設定することで、インデックスされやすくなります。
処理前:http://www.example.com/page1.php?sid=012345678
処理後:http://www.example.com/page1.php

サイトリンク

「サイト設定」、「サイトリンク」画面では、サイトリンクについて設定することができます。 サイトリンクは、検索結果スニペットに自動表示されるサイト内リンクのことです。 自動生成されるデータがまだない場合は設定できません。

ディレクトリ登録方法

大手検索エンジンのディレクトリに登録することで、さらに効果が期待できます。
2011/06/08
おすすめ記事

Webマーケティング基礎講座

最新情報をチェックする!
参考になったらぜひ「いいね!」してください!

検索

トピックス

人気記事