SEO対策まとめ 2015/05/01
TOP > SEO > SEO対策まとめ

SEO対策まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

SEO対策方法まとめ

Googleのページランク、検索結果順位を決めるアルゴリズムにおける、シグナルと言われている要因をまとめました。各項目に適切な対策を行うことでページランクのアップが期待できます。
アルゴリズムの詳細は公開されていませんので、内容の正確さを保証するものではありません。
検索:
  • モバイルフレンドリー

    2015年、スマートフォン対応がランキングアルゴリズムに追加されました。 スマートフォンから検索した場合、スマホ対応サイトには「スマホ対応」ラベルが表示されます。 また、非対応サイトより優先して表示されます。
    スマホ対応方法については、GoogleではレスポンシブWebデザインを推奨しています。
  • SSL

    2014年、SSL暗号化(https)されていることが。ランキングアルゴリズムに追加されました。ただしわずかな影響しかないと考えられています。
  • ソーシャルシグナル

    SNSにおけるいいね数などが影響していましたが、2014年にシグナルに使用していないとの公式発言がありました。
  • ドメイン年齢

    登録期間が長いドメインほど信頼性が高いと判断されて、プラス要因になります。そのため一時、オールド・ドメイン売買が流行しましたが、被リンクの質にリスクがあるなど、問題が多くありました。
  • ページ表示速度

    ページ表示速度はシグナルのひとつです。
  • パーソナライズ

    ユーザーの属性情報などによって検索結果が変わる仕組みです。閲覧履歴なども影響するため、自分のPCで1位でも、他人のPCでは10位以下ということも十分あります。パーソナライズされない状態で確認するためには、ブラウザをシークレットモードで起動します。
  • 位置情報

    パーソナライズの一部です。現在位置情報を元に、検索結果がカスタマイズされるものです。
  • 鮮度

    Googleでは、QDF(Query Deserves Freshness)というアルゴリズムを採用しているといわれています。QDFは、特定のキーワードの出現頻度が急激に増加した場合、そのキーワードのより新しい情報を表示されやすくするものです。

関連リンク

2015/05/01
おすすめ記事

Webマーケティング基礎講座

最新情報をチェックする!
参考になったらぜひ「いいね!」してください!

検索

トピックス

人気記事