TOP > 検索エンジンの仕組み

検索エンジンの仕組み

このエントリーをはてなブックマークに追加

検索エンジンの基礎知識

検索エンジンとは

検索エンジンとは、インターネット上の電話帳のようなものです。 ホームページ(以下サイトと呼ぶ)の住所は「http://」ではじまるURL(Uniform Resource Locator)です。 このURLを知っていれば直接サイトにアクセスすることができますが、URLを知らない場合は 検索エンジンを利用して目的のサイトに辿り着くとことができます。
検索エンジンの仕組みには主に、ロボット型検索エンジンディレクトリ型検索エンジンの2種類があります。 検索エンジンの仕組み

検索エンジンの仕組み

ロボット型検索エンジン

ロボット型検索エンジンとは、クローラーと呼ばれるプログラムが自動的にウェブサイトを収集し、インデックスに登録を行う検索エンジンです。クローラーがリンクを巡回することで自動的にインデックスに登録されます。Googleが代表的なロボット型検索エンジンです。
検索結果の表示順位は検索エンジンのアルゴリズム(定式)によって決まります。 検索キーワードとのマッチング、サイトの内容、被リンク数などが影響します。

Googleは、ページランク(PageRank)という独自の仕組みで順位を決定します。ページランクは、サイトのコンテンツや被リンクの量と質など、様々な要因から決まります。ページランクを上げたり適切に評価されるために最適化する手法については、SEO対策SEO対策まとめをご覧ください。

ディレクトリ型検索エンジン

ディレクトリ型検索エンジンとは、人の手によってサイトをカテゴリに分類して登録するタイプの検索エンジンです。Yahoo!カテゴリは代表的なディレクトリ型検索エンジンです。
登録申請が必要で、人の手による審査があります。

現在、ディレクトリ型検索エンジンは、各社の提携により大手検索エンジンに集約されています。 例えば、Yahoo! JAPANのデフォルト検索エンジンはYahoo!カテゴリではなくGoogleを採用しています。 excite、Gooなどは、ロボットにGoogle、ディレクトリにクロスレコメンドを採用しています。

マップ

地図情報や店舗情報などは、店舗オーナーが登録することができます。
Google プレイス Yahoo!ロコ プレイス

検索エンジンのシェア

日本のシェア

日本の検索エンジンのシェアは、Yahoo!が51.3%、Googleが38.2%ですが、 2010年に、Yahoo! JAPANがGoogleの検索エンジンを採用したため、Googleが圧倒的なシェアを獲得しました。
Yahoo! (Google) 51.3%
Google 38.2%
楽天
MSN
goo
出典:2009年。調査会社:comScore。

アメリカのシェア

米国の検索エンジンのシェアは、Googleが63.0%、Yahooが21.0%、Microsoftが8.5%です。 米国Yahoo!は、MSNのBingを採用しています。
Google 63.0%
Yahoo! (MSN) 21.0%
MSN 8.5%
出典:2009年。調査会社:comScore。

その他の国のシェア

 日本千人アメリカ千人イギリス千人
1Yahoo!32,935Google92,743Google20,627
2Google19,935Yahoo!45,183Google Image5,718
3MSN6,901MSN27,009MSN5,271
4JWord4,949Google Image23,189Ask4,996
5goo2,954AOL Search17,500Yahoo!4,011
 フランス千人オーストラリア千人ブラジル千人
1Google20,799Google8,739Google17,667
2Google Image6,780Nine MSN Search2,867Google Image7,005
3Voila Search4,939Google Image2,461UOL Busaca5,412
4MSN4,651Yahoo!7 Search1,241MSN5,329
5Yahoo!3,213My Web Search382Yahoo!2,832
出典:2008年。ネット視聴率白書。調査会社:Nielsen Online。

登録方法

Googleは、クローラーが自動的にサイトをインデックスしますが、公式のウェブマスターツールを利用してサイトを登録することもできます。

また、検索エンジン最適化(SEO)を行うことで、クロールされやすくしたり、評価を上げることができます。さらに、検索ページに広告を出稿してサイトをPRする方法もあります。これを検索エンジンマーケティング(SEM)と言います。

ディレクトリ型のYahoo!カテゴリは、登録申請と審査が必要で、非商用サイトは無料、商用サイトは有料です。クロスレコメンドは商用・非商用とも有料です。また、有料の場合も「審査料」であり、必ず登録されるとは限りません。

SEOとSEM

SEO、SEMについて詳しくは下記をご覧ください。

その他基礎知識

2009/07/30
おすすめ記事

Webマーケティング基礎講座

最新情報をチェックする!
参考になったらぜひ「いいね!」してください!

検索

トピックス

人気記事