TOP > Webマーケティング > いま注目のインバウンドマーケティングとは

いま注目のインバウンドマーケティングとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

インバウンドマーケティングとは

インバウンドマーケティング(Inbound Marketing)とは、 2006年にアメリカのマーケティング会社Hubspot(ハブスポット)が提唱したマーケティング手法です。
企業が有益なコンテンツを作成することで、ユーザーには検索エンジンやソーシャルメディアから自然と情報を見つけ出してもらい、 商品の購入などに繋げる、ユーザーから企業に接する手法のことです。
(なお、インバウンド(Inbound)には、外国人旅行者を自国へ誘致することという意味もあります。)

アウトバウンドマーケティングとは

インバウンドマーケティングに対して、アウトバウンドマーケティング(Outbond Marketing)は、 広告出稿や展示会、営業のようにコストをかけて企業からユーザーにアプローチをかけるマーケティング手法のことです。
どちらか一方だけの施策を行うのではなく、双方のメリット・デメリットを理解して、組み合わせた施策を行うと効果的です。

インバウンドマーケティングを行うための施策

ブログ

見込み客に対する商品やサービスの紹介だけでなく、知りたいことや悩みを解決するようなコンテンツを継続的に追加・更新して、 ユーザーの情報提供や疑問の解決してきます。

オウンドメディア

見込み客をターゲットにした、自社が所有するメディア、オウンドメディアを構築し、コンテンツを継続的に配信します。

SEO

多くのユーザーは情報収集に検索エンジンを利用します。検索されるキーワードを盛り込んだコンテンツを作成するなど、 SEO対策は重要な施策のひとつです。

ソーシャルメディア

見込み客にとって魅力的なコンテンツを提供することで、Facebookで「いいね!」「シェア」されたり、Twitterで「リツイート」や「フォロー」されることで、 ユーザーにプロモーションしてもらったり、コミュニケーションを取ることができます。 ソーシャルメディアで拡散されることで、今までアプローチできなかった層に知ってもらうこともできます。

eBook

見込み客が興味を持っているコンテンツをまとめてeBookとしてPDFファイルなどをダウンロードできるようにします。 ダウンロードする際にはメールアドレスを入力してもらい、その後メールマガジンを発行して、購買意欲を高めて、購買につなげていきます。 興味がある人に限定されているので販売効率は高くなります。
2016/08/15
おすすめ記事

Webマーケティング基礎講座

最新情報をチェックする!
参考になったらぜひ「いいね!」してください!

検索

トピックス

人気記事