TOP > SEO > SEO 外部対策方法

SEO 外部対策方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

SEO 外部対策方法

外部対策とは

内部対策のような自サイトの対策ではなく、外部のサイトなど外的要因について行う対策です。Googleのページランク(PageRank)を決めるアルゴリズムにおいて、被リンクの量と質は、重要な指標となっているため、主に外部からリンクをされるための対策を行います。

被リンクの獲得方法

良いコンテンツを作れば自然と被リンクが増えます。それにつきます。
SEO会社からリンクを買うこともできますが、検索エンジンスパムで解説したようにペナルティを受けてしまう可能性があるので、近年では敬遠されています。内部対策でもそうでしたが、コンテンツの質が最重要の要因です。

しかし、ただリンクされるのを待つだけではなく、リンクされやすくするテクニックがありますので、ここではそれを解説します。

SMO ソーシャルメディア最適化

SMOとは

自サイトとソーシャルメディアとの連携を最適化することで、ソーシャルメディア上での露出はもちろん、被リンクを獲得できることから、ページランクに好影響を与えることができます。

さらにGoogleでは、ソーシャルメディアで多く共有されたリンクは検索順位に影響を与えたり、ソーシャルメディアでつながりのあるユーザー(ソーシャルグラフ)のパーソナライズ検索結果順位に影響を与えることがあります。

ソーシャルメディアの運用

TwitterやFacebook、Google+などのソーシャルメディアでアカウントを運用することで、そこから被リンクを獲得できます。

SNSシェアの促進

サイトのページ上に共有ボタンを設置することで、ユーザーがシェア(被リンクにもなる)しやすくします。

ソーシャルブックマーク

上記と同様に、ソーシャルブックマークも共有ボタンを設置することができます。ただし、ソーシャルブックマーク上のリンクにはnofollow属性がつく場合があり、この場合は検索エンジンに被リンクが評価されることはありません。

ディレクトリ型検索エンジン登録

ディレクトリ型の検索エンジンに登録することで、被リンクを獲得することができます。有料となるケースが多いため、Googleのポリシー的にはグレーな手法ですが、Yahoo!カテゴリなどのリンクの質は非常に高いと言われています。

Q&A・キュレーションサイト

Q&Aサイト

Q&Aサイトは、検索結果に高い順位で表示されています。そのようなQ&Aサイトからリンクされやすいコンテンツを作成することで、比較的質の高いリンクを獲得することができます。

キュレーションサイト

同じように、キュレーション(まとめ)サイトからリンクされやすいコンテンツを作成します。ただし、キュレーションサイトは、そのコンテンツ自体がコピー・コンテンツであるという問題を抱えているので注意が必要です。

コンテンツの作成

被リンク獲得を目的として、コンテンツを作成するリンクベイティングという手法があります。詳しくは下記サイトをご覧ください。

つづきを読む!

2011/04/03
おすすめ記事

Webマーケティング基礎講座

最新情報をチェックする!
参考になったらぜひ「いいね!」してください!

検索

トピックス

人気記事